何が見えてる?



Pさんのお話です♪

*****

タイトルがあのなつかしくも楽しい「遠足」のようになってしまいました。^^


話がとびますが、この前また変人会がありまして参加してきました。
(本当の名前は「宇宙サミット」というみたい)
で、この会の主宰は福田福太郎さん(名前を聞くだけで幸せになれそう)という方なんですが、とても面白い方でこの方のおっしゃることはヒプノととてもよく似ていてとてもわかりやすい。

今回もたくさん面白い話をしてくださったので紹介しようと思います。
・・・・って思ったらぜんぶ忘れていました〜。^^;

あ、ちょっと思い出した。
「これからは競争ではなく共創の時代へと変わる。共創とは肉体を持たない存在達と共に新しい世界を創るということ」とおっしゃってました。

それから、「私たちは見えるものを信じるクセがあるが、見えるものはその人の意識によって違う」・・・・だったかしら?(違ってたらごめんなさい)

このことはすごくわかる。
この前うちの三男の嫁さんが「車を買い替えることにした」と言いました。
「どんな車?」って聞いたら「白のシエンタ」だと言う。
私は今まで緑のシエンタはよく見るけど、白のシエンタはほとんどみたことがなかったので、
「珍しいね」と言ったら、「白の方が飽きが来ないと思って・・・」と。

先日、納車されたばかりの白のシエンタに乗せてもらう栄光に浴したんだけど、なんとそれ以後は街を走ってるシエンタは白ばっかり。
昨日なんか5台以上、それも全部白。
いままでたくさん走ってた緑のは全然見ない。
どこ行っちゃんたんだろう?っていうくらいです。


そういえば何年か前 「What the Bleep Do We Know ?」(私たちはいったい何を知ってるというの?)という映画がありました。
たぶん一般上映されてない(?)のであんまり見た人は多くないと思うけど。
なんで覚えているかというと、この映画にあの江本 勝さんの水の結晶写真が使われたからです。
そのときの江本さんがこう言っていたのを覚えています。
「アメリカの映画会社からボクの写真を使いたいんだけどいくら払えばいい?と言ってきたので「どうぞ使ってくださいと言ったら、むこうはびっくりしてたのでもっと吹っ掛ければよかった」と。
ほんとうに無料で提供したのかは知らないけど、もらったとしてもわずかだったと思います。^^

話がそれてしまいました。^^;
で、この映画の中で、コロンブスが新大陸の湾に大きな船を停泊させたとき、先住民にはそれが見えていない、というシーンが出てきます。
先住民はかつてこのような体験をしたことがなかったので、意識が視覚から情報を削除してしまっていたからだ・・・・という説明をしていました。
やがてその部族のシャーマンが波動の乱れを感知し、意識を移行して見ることができるようになったのだと。

これは白のシエンタと同じです。
今までほとんど見なかった白のシエンタが、意識するようになった途端やたら目に入ってくるのですから。

これは私にUFOが見えないのと同じことではないでしょうか?
私の意識のなかには、UFOというと「未知との遭遇」とかの映画に出てくる形を想像していますが、本当はもっと違う形なのか、もしくは視覚の周波数が違っているからかもしれません。

うちに「遠足」のときに派遣されたドラゴンが住んでいるはずなのに見えません。
「ドアラ」という名前までついているのに見たことがないのです。

この前フォフォ☆さんに「ドアラちゃん元気にしてますか?」と聞かれたんだけど、「えっ、ドアラちゃんて誰だろう?」って思ったくらい。
すっかりわすれてました〜。^^;
ごめんね、ドアラちゃん。


・・・・ってわけで、遠足当時も今も「見えない、聞こえない、感じない」の3ナイ継続中の私です。





*****

文 P.マッシロートニーさん  絵 ☆TOMOKO☆☆








☆☆☆☆☆☆☆

ブログに いらしてくださり、ありがとうございます!

絵や絵本のご注文については、カテゴリの「メニュー」をご覧ください。
よろしくお願いします。

占いや、100占い良かったら遊んでみてください♪

いつもありがとうございます*^^*

☆TOMOKO☆☆


スポンサーサイト
最新記事
メールフォーム
メールはこちらからお願いします。^^

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

☆TOMOKO☆☆

Author:☆TOMOKO☆☆
はじめまして。☆TOMOKO☆☆と申します。
よろしくお願いします。^^*

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード