FC2ブログ

かみさまっているの?



Pさんのお話しです♪

*****

かみさまっているの?
いるよ、

このなんともシンプルなやりとりは、今世紀最高の絵本のはじまりの言葉です。^^

この絵本に出てくる神さまは、神社や教会や寺院にいるのではなく、いつもあなたの心の中にいるのだそうです。
だから、わざわざどこかに出かけて会いに行く必要がない。
お賽銭も要求しない。
お供え物もいらない。
二回お辞儀をして拍手を二回して…とかややこしいことも言わない。
むつかしいお経も呪文もマントラも唱えなくていい。
何のしきたりもない。
私を敬いなさいとか言わない。
あれをしないといけない、とか、こうしなければならない、なんていうことは一切ない。
すべてあなたの好きなようにしてもいいよ、って言ってくれている。
愛していてもいなくてもOK、なんだそうだ。
それでいて、あなたの言うことをすべて聞いてくれる。

・・・・って聞いたからみんなにそう伝えた。

そしたら、「神さまにお願いしているんだけどちっとも聞いてもらえない」、という人が大勢いる。

なので神さまに問いただしました、私。
「そこんとこどうなってんの?」って。

そしたら神さまがこう言いました。
「だって願いをすぐに変更したり取り下げたりするから・・・・」

私たちの思うことは祈りとしてすぐに神さまのところへ届くそうです。
たとえば「お金持ちになりたい」と思った瞬間、すぐにそれが祈りとして神さまのところへ届く。
すると神さまが「OK.、いくらほしいの?」って聞こうとした瞬間。
「でも、そんなに簡単にお金持ちになれるはずないか・・・」と思っている。
その思いも瞬時に神さまのところへ行くから、神さまは「え、さっきのキャンセルなのね、じゃあそうする」
・・・・っていうのが神さまの言い分です。

要するに、願いがかなわないように見えるのは私たちが願いをすぐに変更してしまうからです。
っていうか、「そんなに簡単に金持ちになれるはずがない」という思いが聞き入れられたとも言えます。
神さまに「忖度」という言葉はありません。
その瞬間瞬間の思いが神さまに届けられるわけです。
なので、すべてが思い通り。
「こうなりたい」と思ったすぐあとに、「でもそれはムリ」と思ってしまう。
だから願いがかなわないように見える。
自分がキャンセルしていることに気が付かない。



子どものころ理科の実験で虫メガネに太陽の光を集めて紙を燃やす、というのがありました。
紙に火をつけるには、火が付くまでピントをちゃんと合わせておかなければなりません。
ピントをあちこちずらしていたらいつまでたっても火がつかないのと同じです。


私の知っている、2000年前に実際に生きていたイエスという人はこのことをよく理解していました。

彼は目が見えない人に手をかざして目が見えるようにしました。
このとき「そうならなかったらどうしよう」などと思ったりしませんでした。
「絶対に見えるようになる」と信じていました。
また、水の上も歩いて見せました。
「沈んじゃったらどうしよう」なんて決して思わず、水の上を歩くことだけを考えていました。
すべての思考を水の上を歩くことに集中させて、「歩ける」ということを1mmも疑っていませんでした。

そのイエスさまはこう言っています。
「私のできることは誰にでもできる、いや、それ以上のことだってできる」と。






*****

文 P.マッシロートニーさん  絵 ☆TOMOKO☆☆






スポンサーサイト
最新記事
メールフォーム
メールはこちらからお願いします。^^

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

☆TOMOKO☆☆

Author:☆TOMOKO☆☆
よろしくお願いします*^^*

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード