FC2ブログ

思考回路を見直そう



Pさんのお話しです♪

*******

私たちの脳ははみんな独自の思考回路や認識回路をもっています。
つまり、みんな同じものを見たり、同じことを考えているのではないということです。
考えが違うのはわかる、でも見るものや聞くものは同じはずだと思うでしょう?
ところがどっこい、みんな同じだと思うのは大間違い。
たとえば、10代の若い人には聞こえるけど、それ以上の人には聞こえないという「モスキート音」というのはご存知のはず。
それから、まれに霊が見えるという人もいるし、オーラが見える人もけっこういます。
私の古い友達にも「エネルギーが移動していくのが見える」という人がいました。

以前私がシエンタの話をしたことを覚えていますか?
(あ、トヨタのシエンタという車の話です)
そのころ私はシエンタというとアマガエルのような黄緑色をした車というイメージでした。
町を走るシエンタのほとんどが黄緑色でしたから。
ところが息子が白色のシエンタを買ったとたん、見かけるシエンタは白色ばっかりになりました。
あんなに見かけた黄緑色はいったいどこへ行ったんだろう?・・・って感じです。
何のことはない、ただ今までは黄緑色のシエンタしか目に入っていなかっただけです。

それから『What The Bleep Do We Know?』という映画に出てくる、「コロンブスがアメリカ大陸を発見した時、入江に停泊していた大きな船が、陸にいた先住民たちには見えていなかった」というシーンがありますが、これもそうです。

誰がどうやって調べたのかは知りませんがこの映画によると、私たちの脳は1秒間に4千億ビットもの情報を受け取っているのだそうです。
そのうち処理しているのは2千ビットだけ、そして、処理するかどうかを選別する基準は以前処理したものと同じようなものや慣れているもの選んでいるのだそうです。

たった2億分の1だけを処理して、あとは全部なかったことにしているのです。

https://vimeo.com/172736754



いつも起こってもいないことを心配してしまう心配性の人がいます。
これも脳の神経回路が、以前心配することが起こったことでその道を通ることに慣れてしまっているだけ。
だから何かがあるとすぐに心配する回路を通ってしまう。
何かと怖がる人も同じ。
怖いことにつながる通路を通ってしまう。

反対に楽天家と言われるような人は、神経回路が「大丈夫」という方を通る癖がついている。


よく「私たちの思考が現実を創っている」と言いますが(私もそう思っています)、そうだとしたら「心配すれば心配することが起きる」ということになります。

何かにつけて怒りを覚えてしまう起こりん坊の人は、そういう神経回路を通る癖がついている。
だから余計に怒れるようなことが起こる。

いつも「お金がない、お金がない」と考えてしまう人には、お金が不足している状態が続いてしまう。

だから、もし何かにつけてネガティブに考えてしまうクセがある人は、意識して楽天的な思考回路を整備する必要があります。
じゃないと、私たちの思考は通いなれた道を通ってしまうことになるから。

どうやって?

やり方はいろいろあります。
セルフヒプノに入って、すでにそうなっているところを見るのもいいし、
自分が映った鏡に向かって笑ってほめてあげるだけでもいい。
これもおすすめ↓
http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=4951754&id=84173976
(ちょっと宣伝しましたかね^^)

いつも言っていますが、自分の人生を変えたかったら思考回路を変える、これだけです。


*****

文 P.マッシロートニーさん  絵 ☆TOMOKO☆☆







スポンサーサイト
最新記事
メールフォーム
メールはこちらからお願いします。^^

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

☆TOMOKO☆☆

Author:☆TOMOKO☆☆
よろしくお願いします*^^*

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード