どうしていじめがあるの?


どうしていじめがあるの?




子どもたちは学校では「仲良くしましょう、お互いを認め合いましょう、弱い子を助けましょう」と教えられている半面、
試験などで順番をつけられ、友だちと競争関係が生まれて友だちが敵になる。
こういう矛盾した教育をされているから、心の中に葛藤が生まれて不安になってくる。
でも、その不安がどこから来るのかわからない、だからますます不安になる。
不安になった子どもは、その自分の弱さを気づかれたくない。
だから「自分は強いんだ」ということを誰かをいじめることによって自分に信じさせようとする。
さっきの戦争も根本的には自分の弱さを隠すために起きるのだけど、これはその縮小版だ。
今、学校へ行きたくない子どもがどんどん増えているのは、この学校で教えられることと実際との矛盾に気がついてきた子が多くなったからかもしれない。





※P.マッシロートニーさん(文)、おんぽたんぽさん(発案)、☆TOMOKO☆☆(絵)の3人で制作しています。
スポンサーサイト
最新記事
メールフォーム
メールはこちらからお願いします。^^

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

☆TOMOKO☆☆

Author:☆TOMOKO☆☆
はじめまして。☆TOMOKO☆☆と申します。
よろしくお願いします。^^*

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード