君のコップにいっぱい水が入っているところを想像してごらん。

あなたに捧げます
君が自分のことを一番に考えられないのは、今まで両親や先生から「自分より先にまわりの人のことを考えなさい」
「自分よりほかの人のためになることをしなさい」と教えられてきたから。
もちろん、人のためになることをするのは素晴らしい、
でも、やり方が間違ってるんだ。
君のコップにいっぱい水が入っているところを想像してごらん。
いっぱいあるから、その水をまわりのほしい人にわけてあげる。
みんなに分けているうちに、どんどんコップの水は減っていってついにはなくなってしまう。
あげたくても、もうみんなに分けてあげる水はないんだ。
それどころか、自分の分もなくなってしまう。
だから人のためになりたいと思ったら、まず、自分のコップに水をそそぐ。
どんどんそそいでいくと、やがていっぱいになってあふれてしまう。
そのあふれた分をほかの人に分けてあげる。
いつも君のコップの水はいっぱいなんだ。
もっとたくさんの人に分けてあげたくなったら、もっともっと自分のコップにそそいでたくさんあふれさせる。
するともっとたくさんの人にわけてあげられる。
わかる?
人のためになることをしたかったら、自分をまず一番に考えるんだ。
人に愛をいっぱい分けてあげたかったら、まず自分を愛でいっぱいにしないといけない。
自分を一番に愛せない人は、ほかの人に愛を分けてあげることはできないんだよ。









※P.マッシロートニーさん(文)、おんぽたんぽさん(発案)、☆TOMOKO☆☆(絵)の3人で制作しています。
スポンサーサイト
最新記事
メールフォーム
メールはこちらからお願いします。^^

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

☆TOMOKO☆☆

Author:☆TOMOKO☆☆
はじめまして。☆TOMOKO☆☆と申します。
よろしくお願いします。^^*

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード