ジェロニモの玄孫(伝説のヒプノマン)



Pさんの、お話です♪

*****

今日はちょっとおもむきを変えて、私のあこがれのヒプノマンを紹介します。
彼の名前はモーガン・イーグル・ベア。
あの有名な伝説のアパッチ族の族長(本当は族長ではなくてシャーマンだったそうだけど・・・)
ジェロニモの孫の孫、つまり玄孫です。

TOMOKOさんの絵からなぜかアパッチ族のふるさと、アリゾナの大地を連想しました。
(行ったことないけど)

彼らの種族は伝統的にヒプノを日常のさまざまな場面で活用していたそうです。
治療などはもちろんのこと、種族のおきてや知識、歴史を正確に伝授するのにも使われました。
種族の歴史やおきては決して文書ではなく、選ばれた者に必ず口頭で伝えられます。
正確な歴史を間違いなく伝えるために、少しの失敗もゆるされません。
それには潜在意識に刷り込むことをするそうです。
そのために選ばれた若者たちは催眠状態に入れられ皮膚を使ってつるされます。
そこで痛みを少しでも感じる者は失格となります。
そして選ばれた者に、長老たちがかわるがわる幾日もかけてつるした状態で語り継ぐのだそうです。


また生まれたばかりの赤ん坊にも催眠を使います。
いつも敵と対峙している彼らは赤ん坊の泣き声で居場所をみつからないように、母親は自分の赤ん坊に催眠をかけて瞬時に眠らせる技をもっていました。
これは代々受け継がれている風習だそうで、赤ん坊が成長して大人になってからも、母親がまぶたの上を手のひらでさっとなでるだけですぐにおしだまってしまうのだそうです。

もうひとつ、アパッチ族の女性は出産が痛みを伴うとは知らされずに育つため、実際に無痛で分娩するのだそうです。



・・・・・・・というようなことを彼のセミナーを受けた人から又聞きしました。^^


*****



文 P.マッシロートニーさん  絵 ☆TOMOKO☆☆




☆☆☆☆☆☆☆

ブログに いらしてくださり、ありがとうございます!

絵本「かみさまっているの?」
http://tomoko7art.blog85.fc2.com/blog-entry-653.html
YouTube版


私の描いた絵を欲しいと思ってくださった方は、カテゴリの「はじめに」をご覧ください。

よろしくお願いします。

いつもありがとうございます*^^*

☆TOMOKO☆☆


スポンサーサイト
最新記事
メールフォーム
メールはこちらからお願いします。^^

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

☆TOMOKO☆☆

Author:☆TOMOKO☆☆
はじめまして。☆TOMOKO☆☆と申します。
よろしくお願いします。^^*

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード