頑張らなくてもええねんで〜 (なぜか関西弁)

月のひかり

Pさんのお話です♪

*****

若干(つーかほぼ)前の日記の続き。

私たち日本人は(ほかの国の人は知らんけど)「頑張る」とか「努力する」という言葉が好きみたい。

私のようにその言葉を聞くと「えぇ〜、つらそう〜、くたびれそう〜、苦しそう〜・・・・」と感じる人は少ないみたい。

だから、これらの言葉を聞いても嫌な感じはしない人、かえって励まされる、ファイトがわくという人はスルーしといてね。

でもそういうひとは、そう思うように誰かになにかのチップを脳に埋め込まれてしまっているかもしれないよ〜・・・・・(じょーだん、じょーだん)

【頑張る】という言葉を辞書で調べてみました。

● あることを成し遂げようと困難に耐え努力する。
● 自分の意見を強く押し通す。 我を張る。
● ある場所を占めて動こうとしない。

・・・・・ますます嫌いになってしまった^^;

それから【努力】の「ど」は【奴隷】の「ど」に力。
(それを「心」に変えると「怒」という字)
私には奴隷の力にさらに力を使わせて【努力】になるようにみえる。

ま、私の見え方をみなさまに押し付けるつもりはまったくありませんけどね〜・・・・・。

でもこれだけはほんとです。
(前にも言ったかもしれませんが)
私たちの深いところの意識はこの「頑張る」とか「努力」という言葉が嫌いです。
私のやっているヒプノセラピーというのは、ポジティブな暗示の言葉を被験者の深い意識に与えてその人をホジティブな方向に変化させるというものです。
しかし、この暗示文の中にひとつでも「頑張る」とか「努力」という言葉が入ると、その人の深い意識はその暗示を全部キャンセルしてしまうのです。

こういうことからしても、この「頑張る」とか「努力」という行為は決して私たちが思っているような良いものではないような気がしています。

バシャールも以前こう言っていました。
「だれも努力する必要はありません。
もし、ある人がもっと努力しないといけないって思っているとしたら、
その人は十分に疲れてからそこを抜けたいのです。
まだその人は人生は簡単で努力はいらない、ということを学んでいないだけです。
でもすべての人はいずれみんなわかります」

ねっ、おいらがなまけものだからこんなこと言ってるんじゃないってわかってくれた?



*****

文 P.マッシロートニーさん  絵 ☆TOMOKO☆☆



☆☆☆☆☆☆☆

ブログに いらしてくださり、ありがとうございます!

絵や絵本のご注文については、カテゴリの「メニュー」をご覧ください。
よろしくお願いします。

100占い良かったら遊んでみてください♪

いつもありがとうございます*^^*

☆TOMOKO☆☆

スポンサーサイト
最新記事
メールフォーム
メールはこちらからお願いします。^^

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

☆TOMOKO☆☆

Author:☆TOMOKO☆☆
よろしくお願いします*^^*

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード