聖なる日のご提案



Pさんのお話です♪

*****

みなさま、メリ〜クリスマ〜ス!*^^*

2014年前の今夜は、東方の三人の博士がベツレヘムの星に導かれてイエスさまの誕生をお祝いした日だそうです。
私も子どもの頃、この劇を教会のクリスマス会でやりました。
羊の役で・・・・^^


話が突然変わりますが

「現状を肯定することが幸福になる近道だ」といつも言ってるんですが、これがなかなかそうはいかない人が多いみたいです。

私なんか、うちの奥さんにこの類のことを言って何回ブチギレされたことか・・・・・
だからもう奥さんの前では絶対に口に出しません。
さわらぬ神にたたりなしです。^^;

でもその気持ち、わからないでもありません。
「こんなにひどい状態なのに、それをポジティブに考えるなんて自分にウソをついてることになってかえってストレスがたまる」
とおっしゃる方もいるからです。

しかし自分にウソをつけ、と言ってるわけではありません、
見方を変えて別の角度から見たら?と言いたいのです。

そうは言っても「じゃあそうします」というわけにはいかないこともわかっています。
私たちは「問題点を見つけてそれを改善していくことで進歩していく」と教えられ、なにかにつけて悪いところをさがすクセを知らないうちに身に着けてしまっているからです。

子どもの教育では「良いところを伸ばして、悪いところは目をつぶろう」と言われるようになりました。
その方が効果が高いことがわかってきているからです。
でもいざとなると、ついつい悪いところばかりが目について、いいところはたくさんあるはずなのに見えません。
それは私たちの脳に、悪いところに目が行くクセがついているからです。

このクセはぜひとも直さないといけません。
悪いところを見るクセをやめて、すべてのものを肯定的な方向から見るクセをつけるのです。
脳にこの回路をつくるのです。

つくると言ってもそう簡単でないのは確かです。
なぜならクセというのは潜在意識の領域だから。
潜在意識は一度手に入れた習慣をなかなか手放そうとしません。(私たちと同じですね^^)
三日坊主(私の得意技ですが^^;)というのもこの潜在意識の仕業です。
なんでもそうですが、私たちが何か新しいこと、今までと違ったことをするには潜在意識を説き伏せなければいけません。
しかし、一度説得に成功すればあとは放っておいても、意識していなくてもその通りに働きます。

現状を肯定する、これが私たちが幸せになる秘訣。
「すべてのものを良い方から見る」、この回路を私たち一人一人の脳に構築できれば世界の平和へのスピードもぐっと速まるでしょう。
救世主の誕生を待たなくてもいいのです。
てゆーか、私たち一人一人が救世主なのだから。

な〜む〜



*****

文 P.マッシロートニーさん  絵 ☆TOMOKO☆☆






☆☆☆☆☆☆☆

ブログに いらしてくださり、ありがとうございます!

絵や絵本のご注文については、カテゴリの「メニュー」をご覧ください。
よろしくお願いします。

100占い良かったら遊んでみてください♪

いつもありがとうございます*^^*

☆TOMOKO☆☆

スポンサーサイト
最新記事
メールフォーム
メールはこちらからお願いします。^^

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

☆TOMOKO☆☆

Author:☆TOMOKO☆☆
はじめまして。☆TOMOKO☆☆と申します。
よろしくお願いします。^^*

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード