期待しましょう



Pさんのお話です」♪

*****

いつも「潜在意識は否定語を理解しない」とお伝えしながら・・・・
「心配しないで」とか「怖がらないで」なんてタイトルの日記を書いちゃってごめんなさい。
しないで・・・・と言っても潜在意識には「心配」や「怖い」という言葉しか入りません。
ってことで、今日は反省をこめて「期待」について書きます。
「心配すると心配することが起きる」なら「期待すれば期待することが起きる」はず。
もちろんですとも、世の中は私たちの思いが創っているんですから。

例をあげましょう。
「水からの伝言」で有名な故江本 勝先生。
(海外ではとても尊敬されていましたが、日本ではインチキ呼ばわりする人が多かった)

江本さんが「ありがとう」と書いたシールを貼った水を凍らせて写真を撮ると、美しい結晶写真が撮れました。
「んなバカな?」と言う人が同じように撮ってもそうはなりません。
科学というのは誰がやっても同じ結果が出ないといけないんだそうです。
ここに科学の矛盾があります。(おバカが言ってるんだから気にしないでね)

科学は心のパワーの影響をを無視しています。
心のパワーはとても精妙で、今の科学の測定器では測れません。
「測れないものは無視する」というのが科学の基本だそうですから仕方ありませんが・・・・。

「美しい結晶ができるはずだ」と期待した江本先生は期待通りの結果を得ました。
「水が文字を理解するはずがない、インチキだ」と期待した人も期待通りの結果を得ました。


昔、ユリゲラーがテレビでスプーン曲げを披露したとき、日本でも何人かの子どもができるようになりました。
その中の一人、清田くん(だったか?)スプーンを放り投げて「曲がれ!」と叫ぶと、落ちてきたときには曲がっているということができると言われました。
そのときの私の記憶では、毎日新聞はやや肯定的な記事を、朝日新聞は完全否定で大キャンペーンを張ったのを覚えています。
で、ついに朝日はあどけない少年を実験に引っ張り出し、大勢の大人が厳重な管理のなかインチキを見破ろうと待ち構えていました。
当然その場では否定的な波動が渦巻いています。(私の予想です)
案の定、いつもなら簡単にできることがなかなかできないのでその子どもはあせってきます。
そしてついに、その子は床にスプーンを押し付けて曲げるところを見られてしまいました。
当時、鬼の首をとったような朝日新聞の記事を読んだ覚えがあります。

私はこの実験は心のパワーを証明する実験だったと思っています。
小さな子どもの「できる」という期待のパワーが、大勢の大人の「インチキを証明する」という期待のパワーに負けただけのことです。


ローゼンタール効果というのをご存知ですか?
教育学者のロバート・ローゼンタールが行った実験です。

ある小学校で知能テストを行い、先生にローゼンタールは「知能テストの結果あなたのクラスの生徒で、この子とこの子は今は普通だが将来素晴らしく伸びる素質がある」と伝えました。
(でもその生徒はテストの結果とはぜんぜん関係がなく、ローゼンタールが適当に選んだ生徒です)
つづけてその先生に「このことは本人たちに絶対知らせないように、、ほかの生徒とまったく同じ扱いにするように、特別授業などはしないように」と釘を刺しました。

1年後、知能テストをすると、その子たちの知的能力は飛びぬけてよくなっていたそうです。
その先生は約束どおりその子たちに何も言わなかったし、いっさい特別扱いをしませんでした。
ではなぜこんなことが起こったか?

無意識のうちに「期待する心」が伝わったとしか考えられません。

人間だけではありません。
期待する心は動物にも伝わります。
ローゼンタールはこんな実験もしています。

同じ種類のネズミをまったく無作為に二つのグループに分け、学生たちにAのグループは利口なネズミの血統で、Bのグループはのろまな血統のネズミだと言って渡し、迷路の実験をさせました。

ここまでお話しすると結果が想像されますね、
そうです、Aグループのネズミが圧倒的に成績がよかった。

どうぞ、よいことを期待しましょう。
子どもや夫、妻、職場の仲間、動物、植物、鉱物、それから地球、宇宙のすべてのものに。





*****

文 P.マッシロートニーさん  絵 ☆TOMOKO☆☆






☆☆☆☆☆☆☆

ブログに いらしてくださり、ありがとうございます!

絵や絵本のご注文については、カテゴリの「メニュー」をご覧ください。
よろしくお願いします。

100占い良かったら遊んでみてください♪

いつもありがとうございます*^^*

☆TOMOKO☆☆

スポンサーサイト
最新記事
メールフォーム
メールはこちらからお願いします。^^

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

☆TOMOKO☆☆

Author:☆TOMOKO☆☆
よろしくお願いします*^^*

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード