聖☆お兄さん



Pさんのお話です♪

*****

今回のTOMOKOさんからの課題は初めての写真です。
「この写真を見て思いついたことを書いてください」
・・・・ということで、パッと目に付くのはこのかわいい人形。

聖☆お兄さんでしょ?これ。^^(読んだことはないけどタイトルだけは知っている)

話は変わりますが、私は幼少期に両親の崇高な教育方針の下、お釈迦様とイエス様の教えを同時に学んでいました。(節操がないっちゅうだけやん^^;)

お釈迦さまは言いました、
「私は愚かであると認められる人こそ賢者である」

・・・・・おいらめっちゃ認めてるし。^^

イエスさまの言葉。
「私のすることは誰にでもできる。 いやもっとすごいことだってできる」

・・・・思えば、この二つの言葉が今のおいらの根拠のない自信なのかもしれん。^^

そのイエスさまといえば、いろんな奇跡を起こしたと聖書に書いてあります。
盲目の人の目に手をおいて「あなたは見える、見なさい」と言うと盲目だったはずのその人は見えるようになった。
これについて、単なる物語だという人もいますが、私は本当だったと思っています。
というのは、ヒプノでもお医者さんが信じられないようなことは頻繁に起きるからです。
もちろん、イエスさまの奇跡には及びませんが、ヒプノでも現代医学で説明できないことがたくさん起こります。

私たちはみんな思いを実現させる力を持っています。
期待をすると期待する結果を得ます。
同じく、心配すると心配する結果を得ます。
このことを言うと必ず「それはウソだ」という人がいます。
「期待したことが全部実現するならこんな世の中にはなっていない」とおっしゃいます。
でもそれは、その人が本心では「だけどそれは無理」と思っているからです。
自分の期待を自分で打ち消しているのです。

イエスさまの言葉によって目が見えるようになった人は、神の使いであるイエスさまが言うから見えるようになるはずと信じ期待し予測しました。

本当はイエスさまの奇跡の力ではなく、本人の力で目が見えるようになったのです。

その証拠に、イエスさまの生まれたナザレの村ではそのような奇跡は起こせなかったようです。
イエスさまの子どものころを知っているナザレの人たちは、神の使いという認識ではなく、あの大工のせがれとしての認識だったからです。

イエスさまの言う、「信じるものは救われる」というのはこのことではないでしょうか?

自分には無限の力が備わっていることを信じましょう。




*****


文 P.マッシロートニーさん  絵 ☆TOMOKO☆☆





☆☆☆☆☆☆☆

ブログに いらしてくださり、ありがとうございます!

絵や絵本のご注文については、カテゴリの「メニュー」をご覧ください。
よろしくお願いします。

占いや、100占い良かったら遊んでみてください♪

いつもありがとうございます*^^*

☆TOMOKO☆☆


スポンサーサイト
最新記事
メールフォーム
メールはこちらからお願いします。^^

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

☆TOMOKO☆☆

Author:☆TOMOKO☆☆
よろしくお願いします*^^*

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード