受け取らない選択



Pさんのお話です♪

*****

前の日記の Put it There は、ポール・マッカートニーのお父さんの教えだったそうです。
「そこに置いておけ」「そのままにしておけ」という意味です。

「それが抱えきれないような重荷なら、とりあえずなにもしないでそこに置いておきな」
僕が子どものころのオヤジの口癖さ・・・・とポールは歌っています。

「すべてがギフト」と言います。
私もそのとおりだと思います。

でも、ギフトだからすべて受け取らなければならないということではありません。
受け取らない練習をするというギフトかもしれないからです。
受け取る、受け取らないの選択権は私たちにあります。

たとえば、周りの人から理不尽な悪口を言われたとします。
その悪口を受け取るから傷つきます。
そんなものは受け取る必要はありません。
もし聞こえてきても、「えっ、それ誰のこと?」と知らん顔してればいいのです。

郵便物にたとえると、たとえ宛名が自分でも受け取りを拒否することができます。
(受け取り拒否するというのは無視するということです)
すると、配達の人は差出人にそれを返します。
差出人はいじわるをしようとしたものを自分が受け取ることになるのです。

とにかく、今自分の手に負えないような問題が起きたら、抱え込まないでとりあえず横へ置いておいたらどうでしょう。
自分だけで抱え込む必要はありません。
自分を守ってくれている存在が必ずいます。
その存在に助けを求めるのです。
守護霊とかガードエンジェルとか神さまとか仏さまとか、呼び方はその人によって違いますがみんな同じ存在です。
そういう存在がお呼びがかかるのをてぐすね引いて待っています。
助けたくてしょうがないのです。
でも、勝手に手を出すことはできないのだそうです。
本人の要請がなければ助けられないのだそうです。
要請があれば「待ってました!」と喜んで必ず助けに来てくれます。


・・・・・・と私は聞いています。





*****


文 P.マッシロートニーさん  絵 ☆TOMOKO☆☆





☆☆☆☆☆☆☆

ブログに いらしてくださり、ありがとうございます!

絵や絵本のご注文については、カテゴリの「メニュー」をご覧ください。
よろしくお願いします。

占いや、100占い良かったら遊んでみてください♪

いつもありがとうございます*^^*

☆TOMOKO☆☆


スポンサーサイト
最新記事
メールフォーム
メールはこちらからお願いします。^^

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

☆TOMOKO☆☆

Author:☆TOMOKO☆☆
よろしくお願いします*^^*

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード